新着オンラインニュース・詳細

 



多文化社会研究会第7回公開シンポジウム (平成16年6月12日)

 

愛媛大学法文学部多文化社会研究会は、来る2004年6月12日に
   「姉妹都市サクラメントー松山を考える」と題したシンポジウムを開催予定。
「日米交流150年」についての基調講演には、松山東雲女子大学学長の
   別府恵子氏を迎えるほか同大学教授の佐伯三麻子氏が
   「アメリカの中のカリフォルニア:体験を通した地域文化比較」
に関する報告をする。報告2として、愛媛大学法文学部教授望月佳重子氏が、
「多民族・多文化のカリフォルニア」について講演する。
また、日々国際交流に携わっている松山市役所国際文化振興課副主幹の
平野陽一郎氏が「姉妹都市交流から見た州都サクラメント」について
   報告予定だ。開催場所・日時は以下の通り。

[日時]   2004年6月12日(土)14:00-17:00
[場所] 愛媛大学共通教育大講義室       
[問合せ先] 愛媛大学法文学部加藤好文研究室(пF089-927-9346)